ハワイ旅行記

子連れでハワイ旅行ブログ

*

いざパスポートセンターへ!子どもの申請書は事前に自宅で記入するのが正解⑥

さて、パスポート申請に必要な書類を揃えるだけで

思ったよりも時間が掛かってしまいましたが

なんとか冬休みの最終日には間に合ったので

子どもたちと一緒に申請に行くことができました

 

で、パスポートセンターで記入すると決めていた

一般旅券発給申請書についてですが…

子どもの分と合わせて3人分、

しかも子どもの自筆サインも必要となると

少々手間取りました

 

しかも、次男が書類記入の途中でトイレに行きたくなってしまい

書きかけの書類を持ったまま子ども達を連れて

トイレを探しに行ったりしてバタバタしていましたしね(笑)

 

調べてみたところ、一般旅券発給申請書は

パスポートセンター以外に市役所や区役所、

市民センターなどでも配布されていることが多いようです

 

パスポートセンターがお近くにない場合は

お近くの配布場所で申請書を入手して

ご自宅でゆっくりと記入されることをおすすめします

 

パスポートに転写される署名も

小学生以上は原則自筆になりますので

小学校低学年くらいのお子さんが署名される場合は

ご自宅の使い慣れた机で使い慣れたペンを使ったほうが

満足できる出来栄えになると思います

 

スポンサーリンク

ちなみに我が家の小学1年生の長男ですが

漢字で上手に署名できるように前日から練習していましたが

本番では少~し緊張してしまった模様で

1回目の署名では少々不満げ………

 

新しい申請書に書き直しをして

2回目の署名でとりあえず納得できたようでした

 

次男は未就学児なので親権者の代筆でOKです

 

なのに、次男本人は長男と同じことをしてみたいお年頃でして

しきりに自分で署名をしたがっておりました…

 

でも、まだ不安定なひらがなが精一杯だし、

しかもときどき反転した文字書いちゃうんだよね^^;

 

『うん、次男もお名前書けるんだよね、知っているよ、

でもね、今回は漢字で書いたほうがいいんだよなぁ~

(↑本当はひらがなでもOKです…)

次の更新には次男も8歳になっているから

そのときは絶対に自分で書けるから!

ね!!大丈夫だから!!!』と半ば強引な感じで言い聞かせ

今回の申請は母の代筆でしぶしぶながら納得したようでした

 

予想通りあわただしい感じの

パスポート申請となりましたが一応手続き完了!

 

パスポートを受け取ることができるのは

申請した日から約1週間ほど先になります

 

申請は代理提出もできるのですが

(一般旅券発給申請書の「申請書類等提出委任申出書」欄に

申請者本人のサインが必要です)

受け取りは必ず本人でなければなりません

 

そのかわり日曜日に受け取ることもできるので

夫がお休みの時に家族揃っていくことにしました

 

受け取り日以降の日曜日に立て続けに予定が入っていたり

ようやく受け取りに行けると思ったら大雪が積もったりして

なかなかパスポートを受け取れなかったのですが

2月下旬、無事に新しいパスポートをゲット!

 

 

中央の赤い10年用パスポートが私のもの、

紺色の5年用パスポートは子ども達のものです

(20歳未満だと取得できるのは5年用パスポートのみです)

 

2006年10月26日からパスポートに

ICチップが内蔵されるようになっていたようで

新しいパスポートは以前のパスポートより

ちょっと重たくなりましたし厚くなりました

 

ICチップページが硬いので折れにくく

子どもが多少乱暴に扱ってしまっても

曲がったり折れたりといった破損はしにくいかもしれませんが

ICチップページが割れたりしたらパスポートの曲がりや折れ以上に

シャレにならない事態になる気がします

 

取り扱いは今まで以上に丁寧にしたほうが良さそうですね…

 

パスポートを入手したので

ようやく旅行参加申込書に旅券番号の記入ができ

正式にハワイ旅行の予約をすることができました

 

 



     

  関連記事