ハワイ旅行記

子連れでハワイ旅行ブログ

*

子連れハワイ旅行記2日目(2014/3/28)①シーライフ・パークでイルカとキス&握手♪

さて、ハワイに到着して2日目の朝になりました

 

この日はシーライフ・パークでドルフィン・エンカウンターという

イルカとキスをしたり握手をしたりできるプログラムに申し込みをしています

 

スポンサーリンク

シーライフ・パークの送迎スケジュールは

9:30~12:40のプログラムに参加する場合

ホテルの出発時間は8:20、ワイキキ帰着が15:30、

13:00~15:15のプログラムに参加する場合は

11:20 出発でワイキキ帰着は17:45でした

 

ハワイ到着の翌朝から元気いっぱいに活動するのはまず無理!と判断した私たちは

おとなしく11:20にホテルを出発する13:45スタートのプログラムに申し込みをしていました

 

この選択、結果としては大正解でした

 

到着当日は無駄にテンションが上がってしまい

ありえないタフさで親を翻弄した長男と次男でありましたが

やはり一眠りしてみれば疲れがどっと出たようで

この日の起床時間は9:30過ぎていました…

 

私たちの予想以上に動き出す時間が遅くなってしまったことに加え、

シーライフ・パークで使えるランチクーポンがあったので

遅めの朝食をしっかりがっつり取ることは難しく、

朝食はヒルトン・ハワイアン・ビレッジ内にあるスターバックス・コーヒーで

軽く済ませようということになりました

 

相変わらずハワイらしい食事ではないところが少々気になりますが

ハワイのさわやかな気候の中、オープンテラスでスタバモーニングするのも悪くないです

 

朝食を済ませると11時近くになっていたので

すぐに集合場所のタパタワー・バス乗り場へ

 

バス乗り場にはすでにシーライフ・パークのスタッフさんが来ていて

ツアー参加者の確認をはじめています

 sealifeparkbus

 

私たちもあらかじめ印刷しておいたバウチャーを渡して

手首にチケットバンドをつけていただきました

sealifeparkticket 

このチケットバンド、長男は特に不快感はなかったようのですが

次男は紙状のものが常に手首に当たる感じが少し気になったようで

事あるごとに外そうとしていました…外せてなかったけど。。。

 

後日行ったクアロア・ランチでも同様のチケットバンドをつけることになったので

二の腕のポロシャツの袖の上につけてもらったのですが

このときは特に気にする素振りも見せなかったので

同じように手首に巻かれた紙状のものの感触を嫌がるお子さんであれば

服の上からつけてあげた方が不快感もなくていいかもしれませんね

 

チケットバンドと同時にこんな感じの青い封筒を渡されます

 

表に帰りのバスの出発時間が書かれていますね

 

中にはシーライフ・パークのパンフレット類と

シーライフ・パークにてプログラム参加のときに提出する確認書類が入っていました

 

さて、送迎バスに乗り込んだところでシーライフ・パークに出発です

 

ちなみにこのバスに限らないのですが、

ハワイのバスはかなり冷房が効いていて寒いくらいです

バスに乗るときは、すぐに羽織れる長袖の上着が必須です

 

シーライフ・パークは普通に行けばワイキキから車で30分くらいの場所にあるのですが

送迎バスはワイキキ内のいろいろなホテルを回ります

 

シーライフ・パークに到着したのは

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジを出発してから1時間くらい経っていました

 

だけど…シーライフ・パークの看板が見え、やったぁ、到着♪と思う間もなく雨が…

 

出発前に天気予報を確認したところ一時的に雨になるとのことだったので

念のために携帯していたレインコートでしたが

幸か不幸かさっそく役に立ってしまいました。。。

 

バス到着からほとんど時間をおかず、12:30からイルカショーがはじまるので

シーライフ・パークの日本人ガイドさんからプログラムの注意点などの説明を受けると

すぐにドルフィン・コーヴという入り江のようなプールに向かいました

 

バスを降りてからの雨は降ったり止んだりを繰り返していましたが

雨など気にはしない芸達者なイルカたちのショーに子ども達は大喜び!

sealifeparkshow 

シーライフ・パークでしか見られないというクジラとイルカのハーフ、

ウォルフィンのケカイマルちゃんも見ることができました!

(遠かったので写真は撮れませんでした…)

 

ドルフィン・コーヴでのイルカショーが終わったと同時に雨もピタッとやみました。。。

 

私たちはびしょびしょになったレインコートを脱ぎつつ

シーライオン・カフェ&レストランに向かったのでした

     

  関連記事