子連れハワイ旅行記1日目Bヒルトン・ハワイアン・ビレッジにチェックイン♪お部屋はレインボータワーの19階

ジャルパック・アロハラウンジで一通りの手続きを済ませた後は
総合フロントにてチェックインの手続きです。

 

 

レインボータワー15階以上ダイヤモンドヘッド・オーシャンフロントのプランは
12時からチェックイン可能とのことだったのですが
空港でバスの到着や出発を待つのに少し時間がかかったり
アロハラウンジに立ち寄ったりしていたので
チェックインできたのは結局14時近くになっていました。

 

 

ちょうど通常のチェックインの時間と重なってしまったのですが
総合フロントはとても大きくて全然待たされることもなく
すぐに空いているフロントデスクに案内されました。

 

 

ちなみにチェックインのときにパスポートと
クレジットカードの提示が必要になりますので
事前に準備しておくとスムーズに手続きができます。

 

 

チェックインは日本語の話せる方が応対してくださって
日本語で丁寧に説明していただけたので安心でした。
(けれど、チェックアウトのときは英語のみお話される方でしたので
フロントスタッフさん全員が日本語を話されるわけではないようです)

 

 

で、カードキーやタオルカード、各種説明などを
こんな感じにまとめていろいろ渡されます。

 

私たちの滞在するお部屋はレインボータワーの19階になりました
申し込んだプランは15階以上のお部屋指定でしたので19階なら大満足です。

 

 

景色のいいお部屋だといいねぇなどと言いながらお部屋に入ると
プライバシーを考慮してくださったのか
遠慮がちにあけられたレースカーテンが景観の妨げになっていましたので
すぐにカーテン全開で窓も開けてバルコニーへ!

 

 

これぞまさしく理想的なハワイの景色だよね!

 

 

パンフレットとかガイドブックでよく見るハワイって感じのハワイだね!と
庶民的な感動を家族で満喫しました。

 

 

お部屋もリクエストどおりにツインベッドのお部屋を用意してくれていました。

 

エキストラベッドと合わせて3つのベッドがあるので
落ち着いてゆったりと休息することができそうです。

 

 

で、こちらがバスルーム。

 

この写真のすぐ右側には洗面台があります。

 

バスルームを覗いてまず思ったことは「狭いな…」でしたが
使ってみてもその感想に変化はありませんでした(笑)

 

 

まぁ、バスルームがごった返す機会はそれほど多くはないと思いますし
必要なスペースは確保できているので問題はないのですが
小さい子どもと一緒の朝の身支度や入浴などは
一時的とはいえ人口密度がかなり高くなります…。

 

 

やっぱり、もう少しスペースあっても良かったかなぁ。

 

 

ですが、それ以上のおすすめポイントになるのが ハンドシャワー です

 

 

海外のホテルは壁面に固定されているシャワーが多いですが
慣れていないせいか私にはどうにも使いにくいんですよね、あれ…。

 

 

レインボータワーのシャワーは全室ハンドシャワーになっているので
これは小さい子と一緒の入浴にはもちろんのこと
大人が使うときにもやはり使いやすかったです。

 

 

アメニティはとってもシンプルで必要最低限の品揃えと量です。

 

ちょっと日本国内のホテルのアメニティが恋しくなってしまうくらいのシンプルさ…
でも必要なものはそろっていますので不満はありませんでした。

 

 

アメニティセットに備え付けられていないけど絶対に使うものは
歯ブラシセットくらいでしょうか。

 

 

私は日本から持参しましたがホテル内のABCストアで
いろいろな種類の歯ブラシセットが売られています。

 

 

現地調達でも問題はなさそうです。

 

 

クローゼットを開けると中にはアイロンとアイロン台が入っていました。

 

 

それからセーフィティボックス。

 

 

最初に貴重品を入れておこうと思ったら
右側一列のボタン全てが反応しなかったのですが
アロハラウンジからホテル側に修理を依頼していただいたところ
すぐに電池の交換をしてくださって問題なく使えるようになりました。

 

 

冷蔵庫の棚の上にはコーヒーや紅茶がありましたが
グラスを使ったくらいでそれ以外はほとんど使いませんでした。

 

 

それからパジャマとスリッパ、海外のホテルでは
備え付けられていないところが多いですが
ヒルトン・ハワイアン・ビレッジのレインボータワーも
例外ではなく備え付けはありません。

 

 

快適なホテルライフのためにもリラックスできる服装とスリッパは持参推奨です。