ジャルパックのハワイ旅行で利用できる無料や格安のツアーをチェック!J

クアロア・ランチ、シーライフ・パークの予約申し込みを済ませ
一日はワイキキでのんびり過ごす―。

 

 

 

ここまでで終日自由行動できるのは残り1日分になりましたが
この日は子ども達が自由に予定を決めるために空けておくことにしました。

 

 

 

もしクアロア・ランチやシーライフ・パークにもう一度行きたいのならそれもいいし
ホノルル動物園やワイキキ水族館に行ってみたいのならそれもよし!

 

 

 

ビーチやラグーンで遊びたいなら、それも付き合いましょう!

 

 

 

アクティビティに参加している人たちを実際に見ることで
興味がわくこともあるかもしれませんしね、予備日という感じです。

 

 

で、毎日の予定は一応入ったわけですが夕方以降の予定は全然入っていない…。

 

 

 

小さい子どももいることですので暗い時間に出歩くことは難しいんですけれど
オプショナルツアーならホテルまで送迎していただけるのでそこは安心できます。

 

 

 

ここでふと思い出したのが、
ジャルパックツアー利用者に用意されている無料体験プログラムと
追加料金なし、または10〜20ドルの追加料金で利用できる
ジャルパックオリジナル観光『ホクレア』のオプショナルツアー。

 

 

 

ジャルパックの公式サイトで詳しい内容を確認をしてみると
ホクレア観光のオプショナルツアーで楽しそうなツアーを見つけました。

 

 

 

ひとつは追加料金1人10ドルで参加できる『星空観測&プラネタリウム』

 

 

ビショップ博物館でプラネタリウムを鑑賞したり
天文台で天体観測をしたりするツアーです。

 

 

 

7歳の長男が最近天体に興味を持ちはじめて
図書館で宇宙や星座の本を借りることも増えてきています。

 

 

 

このツアー内容なら絶対に喜ぶ!

 

 

 

出発時間が19時でツアー所要時間が2時間30分とのことなので
普段21時に寝かせる子ども達の生活リズムが気になるところでもありますが
そもそもハワイ旅行に出発する時点で21時過ぎの外出ですからね…。

 

 

 

しかも時差もあるからすでに日本時間的な生活リズムは崩れてしまっているわけで…。

 

 

 

まぁ生活リズムは帰国して春休み中に戻せばよしとしましょう!

 

 

 

だけど、もっと心配なのは日中に遊び疲れて天体観測の時間まで体力が続かないこと
そこで、天体観測ツアーは日中はワイキキ散策であま体力を使わない日に設定し
お昼過ぎくらいにホテルで少しお昼寝をして備えることにしました。

 

 

 

もうひとつ興味をひかれたツアーが1人15ドルの追加料金で参加できる
『ロマンチック・ワイキキ〜サンセット&夜景を楽しむ〜』

 

 

こちらは夕日の名所のカイマナビーチでサンセットを見たあと
タンタラスの丘に夜景を見に行くというツアーです。

 

 

 

タンタラスの丘は10年前のハワイ旅行でも夜景を見に行ったところで
きれいな夜景に感動したのでぜひまた行きたいと思っていた場所なんです。

 

 

 

このツアーは出発時間が17時30分で所要時間は2時間。

 

 

 

子ども達の体力配分をツアーに合わせて調整しなくても良さそうなことも魅力です!

 

 

 

さっそく旅行代理店にこの2つのツアーを申し込んだのですが
出発前に日本で予約できるのは1つのツアーのみで
それ以上の申し込みは空きがあれば現地で申し込み可能というシステムで
電話をした時点ではどちらかひとつしか予約できませんでした。

 

 

 

そこでより子ども達が楽しめそうな『星空観測&プラネタリウム』の予約を優先!

 

 

 

『ロマンチック・ワイキキ』は現地で申し込むことになりました。

 

 

 

参加できるといいんですけれどこればかりはわかりませんね…春休みですしね。

 

 

 

他にも追加料金なしで参加できる『ノースショア&ハレイワ』、
これはドール・パイナップル・パビリオンで巨大ガーデン迷路ができたり
パイナップル・トレインで楽しんだりできて
小さい子も楽しめるツアーだと思うので
予備日の行き先候補のひとつにしておこうと思います。

 

 

それから『ホエールウォッチング&カハラモール・ショッピング』も
1人15ドルの追加料金でスター・オブ・ホノルルに乗船しホエールウォッチングするので
大人も子どもも楽しめそうとかなり気になっていたのですが
ハワイ州の法律で船はクジラの100m以内には近づけないんですね…。

 

 

 

子ども達がクジラを見るのは肉眼でも双眼鏡を使っても難しいかもしれない…。

 

 

 

もしも私たちが見つけて「ほらほら、いるよ!」と言っているのに
子ども達が見つけられずにクジラが去ってしまう可能性が低くないんです。

 

 

 

そのときの子ども達のがっかり感&テンションダウンは
もう火を見るよりも明らか…と考えて今回は見送ることにしました。

 

 

でも、スター・オブ・ホノルルはハワイで一番大きなクルーズ船に乗船するので
クジラはともかく船に乗りたい!というお子さんにとっては
すごく楽しめる時間になると思います。