帰りの飛行機は午後出発便がおすすめです

ハワイから羽田へ帰る飛行機は
18:15発と15:25発に乗ったことがあります。

 

 

どちらもJALで機内スケジュールは同じような感じですし
帰りは子どもたちも疲れているようで
どちらの飛行機でもおとなしく座っていました。

 

 

ですが、帰国便出発前のホノルル空港での過ごし方や
羽田からの帰宅時間を考えると
16時までの飛行機のほうが動きやすいと思います。

 

 

18:15発(夜出発便)の場合

まず、ホノルル空港での過ごし方についてですが
ツアーだと帰国便の待ち合わせ時間はかなり長くなります。

 

 

ツアー旅行では出発時間の3時間以上前に
ワイキキを出るシャトルバスに乗るんです。

 

 

帰国便の出発時間が18:15出発だったとき
ホノルル空港行きのバスがホテルを出たのは15:05。

 

 

搭乗手続き、出国審査、手荷物検査などを済ませて
おみやげもの屋さんをじっくり見て回っても時間をつぶしきれません。

 

おかしやおもちゃを見ていたい子どもたちには
免税店はあまりおもしろくないみたいだし、
ちょうど時間帯が夕方になるので
フードコートで食事をするのも微妙なところ…。

 

 

17:45の搭乗開始までかなり時間を持て余してしまいました。

 

 

また、18:15発だと羽田到着が22:00ごろになり
自宅に到着するのは深夜になります。

 

 

ハワイ時間では朝なのでそれほど眠たくはありませんが
いくら日本とはいえ子連れで出歩くのはおすすめできない時間です。

 

 

15:25発(午後出発便)の場合

15:25発のフライトのときはワイキキを出たのがお昼ちょっと過ぎくらい。

 

 

時間を気にしながらワイキキでランチするのも落ち着かないので
ホノルル空港に到着してからフードコートに入りました。

 

 

このときはゆっくりランチしながら過ごすことができたので
余裕がありながらも時間を持て余すほどではありません。

 

 

羽田の到着時間も20時頃なので
子連れでも危なくない時間にうちに帰ることができました。

JALハワイ便(帰り)の機内スケジュール

帰りの飛行機の機内スケジュールは
18:15発でも15:25発でもそれほど変わりません。

 

 

どちらもまず離陸して1時間後くらいにドリンクサービス、
2時間後くらいから機内食、機内食が終了すると消灯、
羽田到着の1時間半くらい前に軽食という流れでした。

 

 

先ほどもお話しした通りなのですが
子どもたちは疲れているのでどちらの飛行機でも
おかきを食べたり映画を見たりして静かに過ごしていました。

 

 

とはいえ、18:15発のときのほうが
ハワイ時間で夜から朝方になるので
しっかり寝ていたようです。

 

 

15:25発のときはハワイ時間として考えると夕方から深夜です。

 

 

ずっと起きているのは子どもにとってかなりの夜更かしになりますが
日本の到着時刻が20時頃なので帰宅してから寝れば
時差ボケの解消にちょうど良さそう。

 

 

行きとは違いムリに寝かしつけなくてもいいか、と
機内サービスの映画やゲームを楽しむようにしました。

 

 

このときは長男は飛行機のなかでは一睡もしないで
次男は羽田到着1時間前に少しだけ寝たようです。

 

 

ですが、結局羽田空港から自宅までのタクシーでは2人とも爆睡でした…。

 

 

ずっと座っているだけの移動だからよかったのですが
羽田空港からの帰宅で電車やバスに乗るなら
機内で少しでも寝てもらったほうが良さそうです。

JALハワイ便(帰り)の機内食、キッズミール

帰りのハワイ便の機内食は離陸して2時間後くらいです。

 

 

夜便に乗ったときの機内食は
初めにキッズミールの配膳からはじまり

 

その後大人用の機内食が配られました。

 

 

デザートのパイナップルアイスクリームが
さっぱりとした味わいですごくおいしいです!

 

 

その後は羽田到着予定時刻の1時間半ほど前に
軽食が用意されます。

 

このときはビッグ・アイランドのショートブレットクッキーがついていました!

 

 

 

午後便のほうもスケジュールは夜便と同じで
離陸後2時間くらいで機内食になります。

 

 

まず、キッズミールが配膳されます。

 

 

次に大人の機内食の配膳、
このときは機内食のメニューが選べました。

行きのハワイ便のメニューは一択だったので
選べてちょっと嬉しかったです!

 

 

デザートは定番なんでしょうか、
前回と同じパイナップルシャーベットでした。

あいかわらずのおいしさ♪

 

 

到着前の軽食はツナサンドです。

時間的には夜食になるのかな…?

 

 

あまり空腹ではありませんでしたが
せっかくなので美味しくいただきました!

 

JALハワイ便(帰り)の機内サービス

帰りのハワイ便では座席に用意されているのは
ブランケットとクッション、オーディオ用のイヤホンのみでした。

 

 

行きのハワイ便では使い捨てスリッパもあったのですが
帰りの便ではスリッパの機内持ち込みが必要なようです。

 

 

アイマスク、耳栓、歯ブラシも準備されているので
必要なときはキャビンアテンダントさんに頼んでみてください。

 

 

 

ところで帰りのフライトなんですが結構揺れたので
乗り物酔いして気持ち悪くなってしまいました。

 

 

普段なら私も家族も乗り物酔いしないので
酔い止めを持ち歩くという発想がなくてちょっと後悔…。

 

 

ですが、JAL便では乗り物酔い止めや鎮痛剤など
ひと通りの医薬品は準備してくれています。

 

 

機内で具合が悪くなったときはムリをしないで
キャビンアテンダントさんに申し出てくださいね。

 

 

 

それから帰りのハワイ便で赤ちゃん用のベビーバシネット初めて見ました。

 

たまたまバシネットのある席の隣だったからなのですが
あの席は赤ちゃん連れにはすごく便利な席ですね!

 

 

フルフラットになる台が目の前に出てくるので
パパやママが赤ちゃんをずっと抱っこしていなくてもいいんです。

 

 

とはいえ、シートベルト着用サインが出ると
バシネットをたたんで赤ちゃんを抱っこしなければなりませんが、
機内でずっと赤ちゃんを抱っこしていなくても大丈夫なので
パパやママの負担はだいぶ軽くなりそうです。