【ワイキキ水族館】基本情報

開館時間

9:00〜16:30 ※感謝祭…9:00〜14:30  元旦(1月1日)…11:00〜16:30

 

休館日

ホノルルマラソンの日 クリスマス(12月25日)

 

入園料

●大人(13才以上)…$12.00
●子ども(4-12才)…$5.00
●幼児(3才以下)…無料
●シニア(65歳以上)…$5.00

 

住所

2777 Kalakaua Ave Honolulu, HI 96815

 

電話番号

(808)923-9741

 

公式サイト

http://www.waikikiaquarium.org/

ワイキキ水族館、子連れで行ってきたので口コミ!

ワイキキ水族館は見ごたえのある水族館

ワイキキ水族館はワイキキのメインストリート、
カラカウア通りの東側にある水族館です。

 

 

バスやトロリーで行くこともできますが歩いていける距離なので
ワイキキをのんびりお散歩しながら行くのもおすすめです。

 

 

ワイキキ水族館に行く前に口コミを調べてみたところ
『せまい』とか『物足りない』とかの口コミを見たので
あまり期待していなかったのですが…楽しかったです!

 

 

確かに小さい水族館なのですが
南の島らしい鮮やかな熱帯魚がたくさんいて
子どもたちは夢中で見ていました。

 

 

クラゲの展示も幻想的でとってもキレイ。

 

 

ハワイの州魚やハワイだけにしかないアザラシもいて
小さいながらも見ごたえのある水族館でした!

 

 

ワイキキ水族館にいるめずらしい生き物や魚は?

ワイキキ水族館で見たかったのは『フムフムヌクヌクアプアア』

 

 

おもしろい名前の魚ですがハワイの州魚すっごく気になります。

 

 

『フムフムヌクヌクアプアア』は中庭の水槽にいるのですが
たくさんのお魚が泳いでいるので
どの子が『フムフムヌクヌクアプアア』なのか…さっぱり(笑)

 

 

近くにいたスタッフさんに探してもらって
ようやく見つけることができました。

 

 

もようがオシャレ!

 

 

ワイキキ水族館にはこの1匹しかいないけど
ワイキキの海にはたくさんいるよ!とレクチャーしてくれました。

 

 

ちなみにスタッフさん、『フムフム』と略して呼んでいました。

 

 

『フムフムヌクヌクアプアア』、長いですもんねぇ(笑)

 

 

さらにワイキキ水族館ではハワイだけでしか見られないアザラシ
『ハワイアン・モンク・シール』を見ることができます。

 

 

ハワイ固有のアザラシで絶滅危惧種に指定されている
めったに見られない『ハワイアン・モンク・シール』なのですが…
写真撮るの忘れてました!!!(※上の写真はワイキキ水族館公式サイトより)

 

 

 

次に行ったときは必ず写真撮ってきます…。

 

 

なかなか見られない生き物なので
これからワイキキ水族館に行く方は
しっかりとチェックしてきてくださいね!

 

 

ワイキキ水族館の子ども向けイベント

水族館の中庭に出ると水の生き物とのふれあいコーナーがあります。

 

 

私たちが行ったときはヤドカリがいて
スタッフさんが英語でレクチャーをしていました。

 

 

ワイキキ水族館では通常では見られないバックヤードを見学できるツアーや、
生き物を観察したりレクチャーを受けたりするアクティビティがあります。

 

 

が、基本的に英語のツアーになるので
英語になれていないと小さい子が楽しむのは
ちょっと難しいかもしれません…。

 

 

イルカやアシカのショーのような
普通の水族館らしいイベントはないので
その意味ではちょっと物足りなく感じることはあるかも。

 

 

イルカショーやアシカショーを楽しみたい方には
シーライフパークをおすすめします。

 

 

ワイキキ水族館のおみやげショップ

小さめのおみやげショップなのですが
いろいろな種類のおみやげがあります。

 

 

鮮やかな熱帯魚のストラップやぬいぐるみなどで
色合いがとってもキレイ、見ているだけで楽しい気分になります。

 

子どもの喜ぶハワイらしいおみやげを見つけることができると思いますよ。