スーツケースはレンタルで十分♪ハワイ旅行で利用したレンタルスーツケース(DMM.com)について

大型の海外旅行にスーツケースは必須ですが
海外旅行以外では使う機会はほとんどありません。

 

以前は我が家にも夫と私の分の2つのスーツケースがあったのですが
子どもが生まれて引越しをしたのを機に友人に譲ってしまいました。

 

 

このたびのハワイ旅行でも新しく購入はせずに
レンタルスーツケースを利用したので
いくつの記事にそのことについても触れているのですが
旅行の時系列で記事をまとめているために
情報が分散してしまっていてわかりにくいのではないかと思います…。

 

 

ハワイ旅行でのレンタルスーツケースについて調べるために
このブログに来てくださる方も結構いらっしゃいますので
以下の関連記事をもとにレンタルスールケースについて、
そして今回利用した【DMM.com】スーツケースレンタルについても
まとめてみようと思います。

 

 

 

レンタルスーツケース、子連れハワイ旅行にはどの大きさにする?

まず今回の旅行の基本情報は以下の通りです。

 

 

【行き先】ハワイ
【人数】大人2人、小学1年生1人、幼児1人
【滞在期間】5泊7日
【滞在時期】3月下旬〜4月上旬

 

 

小学1年生の長男と未就園の次男に
大きなスーツケースは持てませんので
スーツケースは最大で2つまでなります。

 

 

DMM.comでは宿泊日数・ブランド・色などの項目から
使いたいスーツケースを探すことができますが
私が重視したいのは2つのスーツケースで
大人2人分、子ども2人分の荷物×宿泊日数に対応できるかどうか、です。

 

 

そこで以下の二つの項目を中心に
スーツケースを探しました。

 

 

結論から先に言ってしまうと
大人2人、小学校低学年、幼児の4人家族で
5泊7日のハワイ旅行をする場合、
4〜7泊分のスーツケースを2つレンタルすれば
帰りにお土産が増えるスペースを考えても
ちょうどいい大きさだったのだと思います。

 

 

ところが私はスーツケースひとつあたりに
大人1人分と子ども1人分の荷物を入れることや
子連れでなにかと荷物が多くなりがちなこと、
海やプールで使う水着などで通常の着替え以外の荷物が増えることについて考えすぎて
8〜14泊分のスーツケースを2つレンタルしてしまったのでした。

 

 

出発の前日にスーツケースが届いたのですが
実物を見て想像以上の大きさにビックリ(笑)

 

 

もしかしたら荷物を入れたら意外にちょうど良いのかもしれないと
用意していた荷物をとりあえず詰めてみたのですが
中身が不安定になってしまうくらいのスカスカぶり(笑)

 

 

1つのスーツケースに大人1人分子ども1人分の荷物とはいえ行き先はハワイ、
衣類は薄手のものが中心なので荷物は全くといっていいほどかさ張らないのです。

 

 

さらに言えば水着類などもコンパクトにまとめられますし
プールや海で遊ぶときに使うビーチグッズは
現地のABCストアでお得に買えたり
JALパックのアロハラウンジで貸してもらえたりするので
わざわざ日本から持参する必要もありません。

 

 

そんなわけで帰りに増えるであろうおみやげのスペースを確保しても
まだまだ余裕のありすぎる状態になってしまいました。

 

 

この状態のスーツケースを2つも持って行くのは
さすがに持て余すだろうと思ったのですが
出発前日では返送して別のサイズのものを送ってもらうだけの時間はありません。

 

 

仕方がないのでレンタルスーツケースは1つ使うことにして
もう1つは夫が国内出張などで使っているキャリーバッグ(2〜3泊分程度)を
使用することにしたのでした。

 

 

自前の本格的なマリンスポーツ用品を持参されるのであれば
大きめのスーツケースのほうが安心かと思いますが
通常の旅行の荷物であればお子さん1人分の荷物を同梱するとしても
設定基準に沿った泊数分のスーツケースで十分だと思います。

 

 

今回利用したDMM.comのスーツケースレンタルについて

料金・レンタル期間

もともとDMM.comでパーティードレスなどを
レンタルしたことがあったの
今回のスーツケースレンタルも迷わずDMM.comを利用したのですが
スーツケースレンタルをしているところは他にもあります。

 

 

各社いろいろなサービスを展開していて
利用期間、到着日と返却日、送料、損害保証の有無など
細かい部分で違いがあるので比較するのは難しいのですが
基本情報どおりの旅行プランを前提として
旅行7日間分+準備1日分+返却1日分の
合計9日間のレンタル料金の比較をしてみたところ
DMM.comが一番リーズナブルでした。

 

 

ただ、他社のサービスでは出発の数日前にスーツケースを受け取ることができながら
レンタル料金は旅行期間中のみ発生するシステムを採用しているところや
旅行期間に関わらずレンタル期間を15日間、30日間に固定して
その期間内であれば受け取り返却いつでもOKというシステムを
採用しているところもあります。

 

 

これらのシステムであればかなり余裕を持って
準備や後片付けをすることができると思うのですが、
DMM.comの場合はそういったシステムではなく
スーツケース到着日から返却日までの期間に
料金が発生するシステムを採用しています。

 

 

できるだけ料金を抑えようとすると
旅行の準備や帰国後の片付けが慌しくなってしまうことが
少々難点かもしれません。

 

 

私はあらかじめ詰めたい荷物を別の箱や紙袋に用意しておいて
帰国後はとりあえずスーツケースの中身を全部出して片付けは後回しにしたので
最短の利用期間でも特に問題はありませんでしたが、
それでも予想外のスーツケースの大きさに手間取ったりもしたので
十分な準備期間が欲しい場合は少し早めに受け取るようにしたほうがいいと思います。

 

 

もしも破損してしまったときは?

DMM.comではレンタル中にスーツケースを破損してしまった場合に
修理費用を請求しない『安心レンタル制度』を採用しています。

 

 

海外旅行中に機内に預けるスーツケースはあまり丁寧に取り扱われません。

 

 

自分でできる範囲で注意して使っていても
傷がついてしまったり、最悪破損してしまう場合もありえます。

 

 

自分に落ち度がないのに修理費用を負担というデメリットが発生しない
このシステムはレンタルスーツケースを利用するときにとても安心できます。

 

 

さらに詳しい内容については公式サイトをご覧ください!

 

【DMM.com公式サイト】スーツケースレンタル特集

 

 

最後にこれはどのスーツケースレンタルでも言えることなのですが
直前に予約しようとするとリーズナブルなスーツケースや
使いやすい色合いのスーツケースは既に予約済みであることが多くなります。

 

 

旅行期間が決まったらレンタルスーツケースは早めに抑えておきましょう。